タウン&ショップ情報   〜第19号〜

ビビットスクエアー Vivit Square

平成17年1月発行

平成16年12月1日

ららぽーとの隣にオープン

日本最大級のショッピングセンター“ららぽーと”の隣に、売り場面積37,199uと、でっかくオープンしました。

店舗概要

1F

スーパー・ホームセンターを中心とする
デイリーユースフロア

2F

家電・スポーツ・家具などの
ファミリー向けライフスタイルフロア&
フードコート

3F

音楽から英語・洋服までそろえた
カルチャー&ファッションフロア

4F

本屋・ペットショップ・おもちゃなど、
世代を超えたコミュニケーションフロア&
レストランゾーン

1Fの入口・出口のドアがなく、そして、スーパーがあったり、銀行があったりして、まるでオシャレな商店街を歩いている雰囲気がします。

4F、約37,000uの売場面積、店舗数は約120店舗。ららぽーとと一緒にみると丸1日かかりそうです。

1階から4階まで、高さ25m、幅最大19mの国内最大級の広〜い吹き抜け。イベントの準備をしてました。

1階のキーテナント、スーパーバリューです。ホームセンターとあわせると、この店だけで約1万u。

2FにはLAOX。パソコンから家電はもちろんのこと、レアなおもちゃまでも取り扱っていますよ。
(2007年1月閉店)

2Fのもう一つのキーテナント、スポーツオーソリティ。この店は、イオン系列なんですね。
(2006年1月閉店)

ここはペットにやさしいショッピングセンター。だっこやリードをつけての通行可能スペースもあります。

このショッピングセンターは、商店街にいる感じです。
特に、1階はまるでアーケード内を歩いている気がします。
お隣の“ららぽーと”と差別化するために、お店に特色があり、
そして、“ららぽーと”よりやや安い価格帯のお店が多い感じがします。
ららぽーとは休日10万人来店するそうですが、
それを当てにしたコバンザメ商法というより、うまく棲み分けをし、
そのために、個性ある店舗を集め、顧客のターゲットを絞り、
コンセプトを持った商業集積づくりをしていると思います。
南船橋駅周辺にタイプの違った二つのショッピングセンターができたため、
この地域の来店客数はもっと増えるでしょう。
きっと幕張あたりからお客さんが流れ、
地域間競争に拍車がかかりますね。

1Fのホームセンターや4Fのペットシティでペットを預けることができます。ペットと一緒にお買い物が楽しめますよ。

その後、2006年末時点でテナントの半数近くが撤退といった厳しい状況にあった。
2007年春に再構築工事が行なわれ、新たなテナントが入っています。