タウン&ショップ情報   〜第24号〜

ジョイフル本田 千葉ニュータウン店

平成17年9月発行

平成14年12月
千葉ニュータウンにオープン

前々から行ってみたかった『ジョイフル本田 千葉ニュータウン店』。しかしながら、ウチから印西市は心理的に遠いところにあります。ついに、3年越しの夢が叶い、行ってみると、想像以上の規模にビックリしました。

    敷地面積   約11,5ha

    店舗面積    40,916u
    駐車台数   5000台

営業時間

1F 生活館・資材館 9時〜19時
2F フードパーク 9時〜21時

北総開発鉄道・印西牧の原駅そばにあります、東京ドーム3.2個分の大きさにビックリです。

売場面積は、なんと約41,000u。品揃えの豊富さには驚き。22万アイテムの商品を扱っているそうです。

店内が広いので、動く廊下があります。敷地の端から端までが636メートルという巨大店舗ですからね。

資材館はとても楽しい。材木や建具が豊富に並んでます。DIY好きなら、1日いても飽きないはず。

ウッドデッキの塗装をしていました。こんな感じのウッドデッキ、ウチに欲しいな〜。がんばって作りたい。

2×4材を使った作品がいっぱいでした。そういえば、2×4材でベンチ(今は花台ですが)を作ったのが5年前。

食品館にはジャパンミートが入店。ここの規模も大きいですよ。

ガーデン館も広いです。でっかい、ガラスハウス3棟が圧巻。

エクステリアコーナーは美しいです。こんな、ガーデンが欲しいです。

セルフのガソリンスタンドも併設。20台も給油できる規模に驚き!市価より1リットル6円も安いよ。

寒くなると、灯油の販売がいそがしくなりますね。冬はきっと大行列でしょうね。

今年8月にはシネコン「シネリーブル千葉ニュータウン」がオープンしました。10スクリーンで、ここもビッグ!

近くに大型店が集結してきました。

隣接地に「牧の原モア」が2005年10月にオープン予定。「ワンダーグー」も核テナントのひとつです。

「牧の原モア」の核店舗家、電量販店『ヤマダ電機』は2005年2月に先行オープン。

線路の向かいに衣料品の「サンキ」が2004年4月オープン。「カワチ薬品」や「スポーツデポ」も見えました。

千葉ニュータウンについて

この地域には、超大型店が結集しています。
ジョイフル本田千葉ニュータウン店隣接の約1万坪の広大な土地に
店舗面積6,000坪を有する「牧の原モア」が2005年10月に開業予定と聞きました。
東西の幅はジョイフル本田に匹敵する600メートル級のようです。
敷地前を走ると、スーパー「ヤオコー」が出店に向けて準備中でした。
その他に「マツモトキヨシ」、100円ショップ「ダイソー」、ヤング衣料の「アベイル」などが核テナントのようです。

隣駅にも、イオンの巨艦店ラーバンピア(44,200u)があります。
この地域は、きっと千葉県内でも有数な商圏を形成することになるでしょう。
人口が伸び悩んでいる「千葉ニュータウン」ですが、買物流入客が移り住むようになるといいですね。
自然や公園もいっぱいで、良い街です。秋はコスモスがきれいですよ。